表面保護 民間防災の Escort Angel(エスコートエンジェル)

エスコートエンジェルは耐水性の撥水乳液です。

1995年に発生した都市型大震災「阪神淡路大震災」時のトイレ問題に直面して発想しました。


トイレや流し台、タイルや壁紙、クルマのボディやタイヤ、革靴や雨具、スコップやクワ、何にでも表面に付着するモノから保護する乳液「エスコートエンジェル」が長期効力(原液)になって登場!

 

出番の多い「エスコートエンジェル」は残念ながら、店鋪販売がありません。

 

それは

オーダーメイドでしか作らないからです。

しかも宣伝もすることなく「クチコミ製造」となっています。

 

なので

いつも新鮮なものをお届けできます。

 

こんな気の利いた

仕上げ剤ってなかなかありませんよね~


綺麗への味方


キレイが当たり前

日常清掃で、これが難しいわけですよ

 

キレイを維持

これも人のテクニックで変わってきますよね

 

毎日のことで出番がある

一時的に出番がある

どっちも使い道がなければ必要はありません。

 

しかし、毎日使っていくうちに撥水がかかっていけば、汚れ落としへの手間はかからないわけですよね。(エスコートエンジェル200)

悪天候ですぐに使わなければならない雨傘・雨合羽・レインブーツなんてなかなかお手入れしておけないでしょう。

そんな時にも「エスコートエンジェル」なんです。



お掃除のタイミングって?


大掃除といえば「年末」

ところ変われば「雪」が降っていたり、暖房器具がガンガンかかっているでしょうね。

 

しかし、この季節はタイミングじゃない!ってことなんです。

 

暖房器具を使うと、室内に湿気を発生させます。窓の結露がそうですね。

この湿気は、空中浮遊するホコリを固着させてしまうという事態になるんです。

冬場は乾拭きで済ませられるように、気温が10度を越える晴れ間に「汚れ取り」をするといいんです。

 

10月と3月なんて丁度いいんじゃないでしょうか!?

 

この時に「エスコートエンジェル」で皮膜コーティングをして拭き掃除のたびに使っていってください。そうすれば、年末のお掃除は軽くホコリ払いで済むんです。

 

トラッキング現象による「火災」予防にも、一役かってる「エスコートエンジェル」でお掃除も楽々~って、一度体験なさってみてくださいね。

 

使い勝手は本文にてm(_)m


使い勝手の良いエスコートエンジェルを使ったお仕事


この乳液は阪神淡路大震災の時の便器にこびりついた状態を克服するために着眼した品です。

ビルメンテナンスの作業員さんが隠れて使う理由がここにあるのですが、おトイレを例えるなら、一室まるごと洗えます。

床飛び散り、壁面、水槽タンク、便座、窓までもが可能ですし、使い続ければ便器内はサボったリングもできないというスグレモノ。

 

原液自体は1年持ちます。希釈液を使って拭き掃除するだけで効果持続につながります。

とにかく長持ちする効果と手軽さが話題だそうですよ。

 

コートが定着してしまえば、他の洗剤を使うことも無くなり、短時間で仕上げられるなんとも経済的な製品なんです。

 

こうやってつちかったテクニックを「災害で被災したとき」の自立に使っていただきたいのです。

あなたにもできる「お掃除のお仕事」として生活手段に!


もうひとつのメリット


エスコートエンジェルの販売も可能です。

先ずは通常購入で使っていただき、効力をお確かめ下さい。

その後に「販売者契約」を行って頂けますとお取り扱いへの道が広がってまいります。

 

【お取り引き条件】

個人が対象です。

月固定数(一か所に対する最大製造数が決まっております。)でのお取り引きとなります。

 

この場でお作りしますのでお届け品は「新鮮」です。