拭き上げだけで仕上げられます

ホコリがのっている棚上や、床には軽く掃除機をかけて、拭き上げするときに濡れクロスにエスコートエンジェルの原液をつけて拭いて行ってください。

 

テーブル(食卓)へは、ダイレクトに使っても十分です。

 

お店屋さんならばカウンター、テーブル、椅子といったお客さんが触れるところにお使いくださいね。

清掃業者さんにも同じことを説明しますが、床用ワックスは定期清掃時まで塗布できないことが多いですよね。

 

住宅でも家具が配置されると、隙間のあるところしかワックスは塗れません。

 

こんな時にも出番があるんです。

 

日常清掃の時に、エスコートエンジェルの原液を希釈して水拭き用モップで通常仕上げしていけば、地塗りワックスの表面を保護しながら仕上げていけます。

家庭のフローリングでは足脂を取りながら、かつ、油料理の時の飛び散りへの保護に使えます。

 

もちろん肌触りが変わるのですが、表面の抵抗がなくなりますので、ソックスを履いたままだと滑りが良くなります。

 

 

お年寄りがいる場合はご注意ください。

油飛びや油付着といえば、換気扇・フード、レンジとその周辺の壁。

 

初めてお使いになる際は、この油分を取り除いてからエスコートエンジェルを塗りこんでいきます。

 

初回の塗布は2度同じことを行ってください。

1度では保護面に付いた油分を取るときに、保護剤まで拭き取られてしまいます。

それを防ぐために階層で言う2層塗りをしておきます。

 

その上に付着した油分は、油分解する洗剤でも、エスコートエンジェルでも拭き取れます。

油分解する洗剤を使ったならば、仕上げにエスコートエンジェル原液を使って仕上げてくださいね。

手順の参考に

油分解する洗剤で油分を取り除きます。

中性洗剤で中和させて、乾燥します。

エスコートエンジェルをふりかけます。

ハケで全面に塗りこみ、乾燥させます。


こういう要素が


壁紙にもモップなどを使って塗っておくと~

 

タバコ部屋になっている居間の壁紙ですが、さすがに黄色くなってきてまして、エスコートエンジェルの希釈液をスプレーすると、写真の状態になりました。

 

これで効果あり! 見えますよね~(笑)