水分が入ってきては困るもの

急に雨に見舞われて飛び込んだ100円ショップ。

 

ビニール傘や雨合羽なんかも売ってる。

最近は100円ショップへ行けば、大半のものが手に入りますね。

でも、もって帰ってきてそれらをまた次に使おうとなると、やっぱり質が悪くて捨てないといけないケースがあったりと。

 

もったいないよ~~~

そう思って、カッパの表面の水分を取るときにエスコートエンジェルを染みこませたクロスを使ってみました。

 

乾かしてたたんで広げると、くっついていない!!

これもいいんじゃない?!って感じましてのコーナー展開です。

ブーツや長靴も含めてですが、表面には効果はあります。

 

それは想像できるのでいいのですが、中の臭いにはどうだろうか?と思って、良く履いているタクティカルブーツに仕込んでみました。

 

中にはクギ踏み抜き防止インソールを入れてあるので滑りはしません。

匂いです。今までよりも足が臭くなりにくいって感じます。

効果アリって言っていいんじゃないでしょうか?!!

雨具

傘は広げて塗りこんでおきます。

軽く水分を拭い取って、とじていいですよ。

 

レインブーツには表面に。

ロングブーツですが、先記事同様、内側の全体に塗っておけば、スムースに履けるという効果がプラスされました。

雨に直接当たるところといえば「窓」。

ガラス面には十分撥水はかかります。

直接、濡れクロスにエスコートエンジェルをつけて拭いて行ってください。

 

もう一つは「網戸」。

ここにも効果があって、窓と同じやり方で十分です。

実は、網戸をきれいにしておくと、カビ菌を寄せ付けないって話です。

 

窓を開ければ「ほんわか」いい香りが入ってきますしね~

ユニットバス(FRP・タイル)

バスルームへは、壁のみお使いください。

窓があるならそこも対応できますよ。

 

湯船と床は滑ってしまいますので、塗布しません。

 

効果としては、壁につく蒸気が流れてきますので、カビの繁殖を減らすことにつながっていきますね。

 

カガミや、洗面器にも使えると思います。

シーズンもののお手入れに

除雪ツールとなる、金属スコップとプラスティック製スノースコップ。

すぐに表面に雪が着いてまとわりつくって経験も多いはず。

このバスケットにも塗ってください。

シーズン中でも速攻効きます!

片付ける際にはもちろん表面と裏面に塗っておきましょう。

また次の年に出番がありますよ!